MENU
【今日の話題】井川瑠音の死因に鳥肌!拒食症が原因で絶食状態だった、、、 詳しくはこちら

ジャニーズ事務所の解散や潰れる可能性ない!影響力や人気ジャニタレの力は未だ健全!

ジャニーズ事務所の画像

タッキーが代表を務める「TOBE」が、2023年5月より本格始動を開始。

7月には元キンプリの平野紫耀や神宮寺勇太なども合流を発表するなどで、

ジャニーズに変わる次世代のアイドル育成事務所になるといった声が多く上がっています。

勢いを増すTOBEが話題になる中、ジャニーズファンの間ではジャニーズ事務所の存続を危惧するう声が相次いでいます。

3分でわかること
・ジャニーズ事務所に相次ぐ「潰れる」「解散」の声
・TOBE登場によるジャニーズ事務所存続を考察
・ジャニーズ事務所の存続が危惧される3つの理由
・今後のジャニーズ事務所の生き残りを左右するポイント

目次

TOBE事務所登場でやばい!?ジャニーズ事務所に「潰れる」「解散」の声。

TOBE発足を機に浮上するジャニーズ存続危機のコメント。

ジャニーズ事務所あと何が残ってるの?未来なくない?何?再来年ぐらいで潰れる予定とか立ててたりする?

・もうジャニーズ潰れるから株も売った方がいいしタッキーの事務所TOBEが主流になるでしょ

・なんかジャニーズ解散説(割とガチっぽい?)あるしこのままみんなTOBEうつるとかもしかするとある?

・性加害問題に向き合えないジャニーズ事務所は潰れるかもしれない。

・滝沢くんがジャニーズ辞めて、その後ジャニーズが色々あって、キンプリも解散して…の辺りからそんな予感はしてたけど!すごいなー

ジャニーズ事務所解散が狙いなではないかと疑われる。あくまでも個人の感想です。

ジャニーズ解散した方が良くね?タレントはTOBEのプロダクションに割り振りしてもらえるでしょ。

Twitterなどでは、ジャニーズ事務所の解散や潰れることを考える人は多くいますが、

現実問題どうなのでしょうか?

【結論】TOBE登場でジャニーズ事務所の解散&潰れる可能性は現状低い。

結論からいうと、ジャニーズ事務所が潰れるor解散する可能性は低いと私は考えています。

TOBE発足が間もないことや、最近では平野紫耀の合流もあったこともあり、世間のTOBEに対する関心は高いですが、

それと、ジャニーズ事務所存続の因果関係はまったく別物です。

今は、TOBEに新しいメンバーが入ってくる、いわば話題性のボーナス期間みたいなもので、

注目すべきは、今後ジャニーズ事務所と比較対象にされるであろう「所属タレントの活動内容」だと思います。

それを踏まえた時に、ジャニーズ事務所が潰れる、解散ということはあまり考えられないんです。

理由は以下の3つです。

①TOBEにできてジャニーズ事務所にできないことがほぼない

②今だにメディア界隈でジャニーズ事務所の権力は健全

③SnowManやSixTONESなど超絶人気グループの存在

それぞれ説明していきます。

TOBEにできてジャニーズ事務所にできないことがほぼない

解散、潰れる可能性が低いと考える1つ目の理由が、

企画やイベントに関してTOBEにできて、ジャニーズ事務所にできないことがほぼない

現状、ジャニーズ事務所になく、TOBEにあるサービスが「サブスク」です。

ジャニーズ事務所は、CDの売れ行きなどの問題から長年サブスクを解禁してきませんでしたが、

TOBEについては、「サブスク動画配信なども考えいる」とタッキーが配信で明言しています。

ファンの中で長年サブスク解禁を願っていた人からしたら、革新的なサービスなわけなんですが、

ジャニーズ事務所が潰れるほど強烈なサービスか?と聞かれると流石にそんなことないですよね。

最近では、ジャニーズ事務所もショート動画などで、徐々にSNSでの広報戦略に乗りだしていますし、

サブスクとCD販売の共存が可能であることも、アーティスト界隈で広がりつつあります。場合によってはジャニーズ事務所がサブスクを解禁することもできるわけです。

また、

7月に合流を発表した平野紫耀は、YouTubeの配信にて、今後の活動について、

コンサートイベントなどをやるつもり

平野紫耀の画像

といった発言をしており、イベントや企画についてはも、現状目新しい発表はされていないんです。

タッキーの立ち上げたTOBEは、「新しい舞台での活躍」「次のエンターテイメントの形」がコンセプトなわけなんですが、

その実態は、今のところ、「元ジャニが合流して話題になっているだけ」という、目新しいものがないもない、ジャニーズ事務所の2番煎じ事務所みたいな印象を受けます。

資金力は言わずもがな、タレントをファン受けさせるようマネジメント戦略含め、ジャニーズ事務所に優っている点は現状ない、というのが実際のところなんです。

メディア界隈でジャニーズ事務所の力は今でも健全。

2つ目の理由が、

今だにメディア界隈でジャニーズ事務所の力は健全であるということです。

2023年4月に岡本カウアンによってジャニー喜多川の性加害が暴露されていこう、

ジャニー喜多川生前の時と比べると、確かに力の衰えを感じるジャニーズ事務所ですが、

情報番組の多くでジャニーズタレントが司会を務めていること、Mステや多くの音楽番組でジャニーズタレントの枠が当たり前のように設けられいることからも、

事務所の影響力は今だに健全であることがわかります。

「ジャニーズ事務所は6月上旬に弁護士ら外部専門家による再発防止特別チームを設置しました。その調査結果が待たれますが、一方で所属タレントはほとんど以前と変わらぬ通常稼働に近い状況でテレビ番組などで活躍しています」

引用元:夕刊フジ

性加害発覚後も、ジャニーズタレントは、変わらずテレビ局で活動を続けられているのも、事務所の後ろ盾があるからではないでしょうか。

最近では、「アーティストの山下達郎がジャニーズ事務所に忖度をしていた」といったことが話題になり驚いたんですが、

このように、ジャニーズ事務所には、我々が認識しているよりはるか広いところでも、強い繋がりがあるんです。

山下達郎とジャニー喜多川の関係についてはこちらの記事で紹介しています。
山下達郎とジャニー喜多川は親戚でズブズブ関係だった!松尾潔の契約解除を後押していた!?

タッキーがジャニーズ事務所を退所したのは、ジュリー景子との方向性の違いだったようですが、

そのことを考えると、TOBEと半ば対立関係とのいえるジャニーズ事務所の息がかかった情報番組に、TOBEのタレントが出演することはまず難しいことが考えられます。(紅白やその他の音楽番組、情報番組)

SnowManやSixTONES、なにわ男子などの人気グループの存在

理由の3つ目が、

ジャニーズ事務所の人気グループの存在です。

ジャニーズ事務所には、今だに売上トップのSnowManやなにわ男子、SixTONESなど、人気絶頂のグループが残っています。

2023年上半期のトレンドにランクイン、目黒蓮の人気も今後さらに伸び続けるでしょう。

なにわ男子などについては、ポスト「嵐」の呼び声が高く、今後ジュリー景子によってさらに推されるグループになると考えられます。

対する、TOBEを見ると、今のところ最高戦力と言えるのは元キンプリの平野紫耀くらい。

ジャニーズ事務所の副社長として、タッキーのマネジメント能力が高いことは間違いないですが、

現状、目新しい企画やイベント、革新的なサービスなどがない以上、

今後、新人タレント含め、活動していく中で、ジャニーズ事務所を解散させるほどの張り合いになる可能性は低いと考えています。

ジャニーズの事務所しての強さやタレントの人気ぶり、TOBEに目立ったサービスがないという点で、

現時点では、ジャニーズ事務所存続が危ぶまれることはないという結論に至りました。

【考察】ジャニーズ事務所が「解散」や「潰れる」と言われる3つの理由。

冷静に考えてジャニーズ事務所という巨大組織が潰れるなんてこと早々ないのに、こんなにも、ジャニーズ事務所に解散の噂が相次ぐ理由はどこになるのか?

ここからは、ジャニーズ事務所が「解散」「潰れる」と言われる理由について紹介していきます。

TOBE発足から、新たなメンバーや新情報が解禁されるたびに、ジャニーズ事務所存続の危機が唱えられる理由は3つあります。

①ジャニーズ事務所退所とTOBE合流

②ジャニー喜多川の性加害暴露による権力&新規タレント不足

③事務所を支えている大御所グループが少ない

相次ぐジャニーズタレントの脱退と勢いを増すTOBEとのギャップ

1つ目が、ジャニーズ事務所とTOBEとの報道内容のギャップです。

ジャニーズ事務所に相次ぐ事務所脱退発表の数々。

タッキーの脱退からはじめり、5月にはキンプリの3人、最近ではKis-My-Ft2の北山宏光なども退所を発表しています。

退社発表については詳しく明言していないものの、それらの報道が所属事務所に対してネガティブな印象を植え付けますよね。

ましてや、脱退後、合流したのが次世代育成事務所TOBEとくれば、

「TOBEの方がジャニーズ事務所より未来があるってこと?」

という風に考えてしまってもおかしくありません。

同系統の事務所で、報道される内容が「脱退」などというネガティブなものと、「合流」というポジティブなものでは、

感覚的にネガティブな方(ジャニーズ事務所)の存続を心配してしまいますよね。

ジャニーズ事務所存続が危惧されているのも、それが原因なんでしょう。

ジャニー喜多川性加害暴露による権力低下と新規タレント不足

2つ目が、ジャニー喜多川の性加害暴露による権力低下とタレント不足です。

ジャニー喜多川の性加害については、90年代に、既に事実問題として裁判で敗訴しているんですが、

その真相は、ジャニー喜多川生前のうちは表沙汰になることはありませんでした。

それには、大手新聞会社やテレビ局が、ジャニー喜多川に忖度をしていたからだと言う風に考えられています。

関連記事

そんな強大な力をもっていたジャニー喜多川の死後は、朝日新聞や、各情報メディア、櫻井翔が司会を務める「ゼロ」などでも性加害に関するニュースが報道され明らかに昔のような権力はないことがわかります。

また、ジャニー喜多川の性加害が表沙汰になったことで、アイドルデビューを臨む新規タレントも、TOBEに吸われるといった見方がされています。

確かにあり得る話ですが、既に上でも説明させていただいた通り、

衰えたと言ったものの、ジャニーズ事務所の力は今だに健全であることや、世間から圧倒的注目を集める人気グループが存在していることを踏まえると、

これからもジャニーズ事務所や所属タレントが、メディアやファンに対して持つ影響力は大きいままであると考えられます。

事務所を支えている大御所グループが少ない

3つ目が、事務所を支えている大御所グループが少ないとうものです。

現在のジャニーズを支える大御所グループをあげるとするなら、

SnowMan
SixTONES
なにわ男子

の3グループだと思います。

どのグループも超絶人気なんですが、それだけに、どれか1つが仮に脱退を表明したら、一気にジャニーズ事務所は崩れおちると考えられています。

これは私も同感

最近では、相次ぐ脱退報道やプロデュースしたのがタッキーという理由から、SnowManのTOBE移籍の報道などもあり、ジャニーズ事務所解散の噂に拍車をかけているんです。

今ところ、SnowManの事務所移籍の事実はありません。

ジャニーズ事務所存続は各代表のマネジメントにかかっている!

ということで、今回はジャニーズ事務所の解散、潰れる疑惑について考察していきました。

まとめると、

期待はされているけど、今後の活動やパフォーマンスによる。ジャニーズ事務所ではなくTOBEを推

・ジャニーズ事務所が潰れる可能性は「資金力」「影響力」「権力」如何なる点でもTOBEより優っている点から非常に低い。

・ただ、今後もジャニーズ事務所からの脱退続き、SnowManなどの人気グループが抜けるとなると、解散の可能性は一気に高くなる。

注目すべきは、タッキーのこれからの新規タレントマネジメントと運営。ジャニーズ事務所にはない革新的なサービスなどが発表されれば、ジャニーズ事務所に変わってアイドル界を牛耳るかもしれない。

今度のTOBEの活動から目が離せません!

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがというございました!

目次