Vaundyの生い立ち&経歴を総まとめ!実家や本名不明の天才大学生!

バウンディの画像

今、若者を中心に絶賛の人気を誇るアーティストVaundy(バウンディ)

「踊り子」「東京フラッシュ」など一時期トレンドになった曲を手掛けた方で、皆さんも一度は耳にした曲があるのではないですかね?

2019年に突如として現れ、活動開始からわずか3年で2022年の紅白歌合戦出場を果たすというスピード出世が注目を集め、一部では「天才」なんて呼び声も上がる方。

この人物は一体何者なのか?今回はそんなVaundyの生い立ちや経歴について紹介していきます!

目次

Vaundy(バウンディ)の本名は不明!わかっているプロフィール紹介!

Vaundyのプロフィール
バウンディの画像
本名:不明
生年月日:2000年6月6日
年齢:22歳(2022年11月時点)
出身:東京都
活動期間:2019年〜

このモジャモジャ頭をした可愛らしい人が今回紹介していくVaundyさんです。(イメージとちょっと違ったと感じる人もおそらくいますよねw)

現在22歳ということで、年齢的には大学生。実際に今も日本大学の芸術学部に通いながら、音楽作成に携わっています。

*Vaundyの大学や学生生活についてはこちらの記事で詳しく紹介しています!

あわせて読みたい
Vaundy学歴|日本大学の4年生の22歳!天才だけど単位はギリギリw 若者の中で絶大な人気を集めるアーティストVaundy(バウンディ)。 突如としてアーティスト界に現れ、活動3年にして紅白に出場するなど、ルーキーアーティストの中で無...

音楽と大学生活を両立しているだけですごいんですが、注目すべきはブレイクまでの活動期間の短さです。

プロフィールを見てもわかる通り、2019年に活動を開始してからわずか3年で紅白歌合戦に出場しているんです。

多くのアーティストの中で目標になる「紅白出場」、なりあがりアーティストの多くは何年も活動してやっとこさ紅白出場ってイメージだと思うんですけど、

ことVaundyにおいては、そんな従来のイメージをぶっ壊す勢いで出場決定を成したんです。

私が好きなサカナクションも今では人気アーティストとして知られていますが、2013年の紅白出場を果たすまでは8年の歳月がかかっています。

そんなこともありVaundyの活躍を知る人は口々に「天才」というわけなんですが、

「天才」という点では確かに、Vaundyは曲の作詞、作曲に止まらず、MVや映像までも自作でプロディースしているという点で一線を超えています。

天才なのかも?

Vaundyの画像


一体今のVaundyを形作ったものは何なのか?過去の生い立ちについて見ていきましょう!

Vaundyの生い立ち(幼少期〜高校時代)を紹介!

Vaundyは幼少期時代より歌うのが好きだった!

Vaundyは幼少期より歌うのが好きだったみたいで、自分の歌う姿で喜ぶ両親を見て音楽にハマって言ったといいます。

幼少期時代に初めて触った楽器は「ウイレレ」だったとか。

ウクレレ

小学2年になるとアコギを母親に買ってもらい音楽に幼い時から触れていたといいます。

アコギ

Vaundyの中学の時に楽曲を始める

Vaundyが本格的に楽曲を始めたのは中学生の時からだったと言います。

当時はCubaseという音楽作成ソフトを使って作曲していたみたいです!

Cubase
Cubaseの画像
ドイツのスタインバーグが開発したオーディオ/MIDI統合型音楽制作アプリケーション

Cubaseについて調べてみたと、楽曲までは結構複雑な工程を踏むみたいで、作曲はもちろん中学生ながらCubaseという音楽ソフトを使いこなしていたVaundyはすごいですね!

他にもエレキギターなんかも買って、練習しては日々試行錯誤をしていたみたいです!

Vaundyは中学時代のあだ名が由来!

中学時代でいうと「Vaundy」という名前についても、当時のニックネームが元に名付けられものみたいですよよ!

当時、同級生から「バウンドボール」というあだ名で呼ばれていたみたいで、

「向かってくる人とぶつかった際にボールの様に跳ね返したから」

というのが語源だった様ですw

おそらく中学時代からちょっと丸っこかったのかなと、、、。

Vaundyです

Vaundyの画像

高校の時に音楽塾「ヴォイス」に通う

中学卒業後、普通に高校に進学したVaundy。この時期に本格的に音楽の勉強を開始します。

ネットでは麻布にある音楽塾「ヴォイス」に通ったとあり、どうやらプロアーティストの目指すアーティストの卵たちにとっては有名の音楽塾だとか!

Vaundyの経歴の画像

音楽塾ヴォイス
・1997年に設立された音楽教育施設。主宰は音楽プロデューサー西尾芳彦。
1クラス3人までの少人数制のレッスンとなっており、ヴォイス理論と呼ばれる西尾独自の実践的ロジック集を使用する。
月額23100〜
引用元 音楽塾ヴォイス

主な出身アーティスト
・YUI
・絢香
・fumika
・家入レオ
・カノエラナ
・玉城千春
・chay
・Rice
・Vaundy

今のVaundyの歌唱力も少なからずここの塾で培われたんでしょうね!

Vaundy含め、多くの有名アーティストを輩出しているわりには月額もなかなかリーズナブルな気もします!

気になる方は公式HP貼っておくのでこちらからどうぞ〜(ヴォイス公式HP

Vaundyの経歴!人気の出た理由とブレイクまでの軌跡。

紅白出場までの3年間、世間でどようにVaundyが浸透していったのか?

ブレイクまでの軌跡を経歴を添えて紹介していきます!

2019年:デビュー曲「pain」

Vaundyは2019年6月、自身初の自作曲である「pain」を投稿しデビューを果たします。

初めて作った曲にも関わらずVaundyの曲ランキングでも上位10位に入る、今でもファンの中で聞かれている人気曲!

コメント欄には、

言葉の重みをうまく表現してるみたいで好き

これがデビュー曲はバケモン

こんな凄い歌詞常人じゃ書けない、凄すぎる 感動した

と大絶賛!

現在YouTubeでは再生回数200万回を超えていて、まさにVaundyの才能を思わせるデビューです。

2019年:「東京フラッシュ」でブレイク!

painの投稿から3ヶ月。2019年に公開された「東京フラッシュ」の投稿を機にVaundyの人気が爆発します。

「とうきょう〜ふらっしゅ〜」

みなさんも駅や町街で一度は聞いたことがあるんじゃないですかね!

東京フラッシュは発表されるや否や、2ヶ月で100万回再生を突破!

東京フラッシュ

マジで心地いい曲だな

このエモさとレトロさとオシャレさを存分に詰め込んだ歌声最高すぎる

中毒性ありすぎるし、おしゃれすぎる

YouTubeでは再生回数5000万回を超える超人気曲になり、ショート動画やTikTokなどのSNSなんかでも頻繁に引用され、Vaundyが世間に浸透するきっかけになりました!

この発表を機にVaundyの世間への浸透に拍車がかかっていきます!

2020年:「不可幸力」がSpotifyのCMに起用される!

2020年5月には同年1月に発表した「不可幸力」がSpotify PremiumのCMに起用されます!

音楽ダウロードサービスとして多くのユーザーがいるSpotify。このCMに起用されたことによるVaundyの知名度上昇は言うまでもありませんね^^

この不可幸力はCMに今日された5月に、総ダウンロード数1億を突破しています!恐るべし!

2021年:「花占い」が日曜ドラマ「僕の殺意が恋をした」の主題歌に!

2021年7月には人気ドラマ「僕の殺意が恋をした」の主題歌に花占いが起用されます!

実は私はVaundyを知ったのも主題歌の花占いを聞いたのがきっかけなんです!w

この曲めっちゃ好きで一時期なんどもリピートしまくっていましたwなんというかリズム感が飽きなくてずっと聴けるんですよね〜

MVもめっちゃ豪華で俳優の中川大志と新木優子が担当しています。

2021年、活動2年目にして既にルーキーアーティストを脱していたことがわかります。

Vaundyの人気曲:YouTubeで1000万回超え動画まとめ!

ここまでVaundyの生い立ちや経歴について紹介していきました!

ここからはそんなVaundyの人気曲を紹介していきますよ!

東京フラッシュ:5000万回超え再生

花占い:2200万回再生

踊り子:4600万回再生

不可幸力:6500万回再生

life hack:2400万回再生

怪獣の花唄:3000万回再生数

しわあわせ:1050万回再生

世界の秘密:1500万回再生

恋風邪にのせて:1200万回再生

私が好きなのは「踊り子」「花占い」です!みなさんも心にビビっときた曲ありましたか???

人気の理由はVaundyの緻密な戦略があったから!

短い活動期間で大御所アーティストに仲間入りし、YouTubeでは1000万回超えをバンバン出し、まさに「天才」との名にふさわしいVaundy。

ただ、生まれながらにして天才だったなんでことはなく、Vaundyなりにヒットした曲には多くの戦略が練られていることが、インタビューで明らかになっています。

例えば、ブレイク曲だった「東京フラッシュ」、この曲を作成する上でVaundyは、独自で世間のニーズを吸収し、解読しながら作ったと言われています。

Vaundyは、東京フラッシュのブレイク理由について以下の様にも語っています。

実は『東京フラッシュ』という曲は、JーWAVEとかに流してもらおうというコンセプトのもと、初めて需要と供給を満たそうという動きをして作った曲なんです。

世の中の流行について考え抜いた結果、なんとか作成することできたといいます。

とは言っても、その需要と供給を満たす何かを、歌詞に組み込めるのがVaundyのすごいところなんだと思うんですがね!w

両親や彼女の情報についても調べてみた!

さて続いてはそんな天才Vaundyの両親について紹介していきます!

ご両親については完全に一般人ということもあり情報は多くはなかったんですが、ツイッターや歌から人物像が垣間見れました!

母親は元ジャズバンドマンでVaundyと仲が良い!

Vaundyの母親についてネットには以下のような情報がのっていました!

・年齢は50歳前後
・ジャズバンドの経験がある
・ノリが良い陽気なキャラ

Twitterにも、Vaundyの母親との関係を匂わせる投稿があがっていました!

全力で歌いました。母も喜んでました。

息子のライブ観戦に来るって素敵なママさんですよね〜

Vaundyはインタビューで母親についてよく触れており、仲良し親子なんだということがわかりました!

Vaundyの父親は威厳のある人!?

父親については母親ほど情報はありませんでした。

Vaundyと父親との関係についてはファンの中でいろんな考察が飛び交っており、その一つには『Vaundyの曲である「僕は今日も」の歌詞の中に父親への想いが込められている』というのがあります。

「父さんが言ってたんだ、お前は親不孝だから1人では生きていきなさい」

この歌詞に父親への想いが込められているなら、なんともVaundyの父親への威厳が感じられる一文ですよね。

歌に人物の名前を入れる心理としては、「尊敬」「好意」といった感情があるから。

と言われています。もしかしたらVaundyの父親は家族の中で格式高い方だったのかもしれません。

Vaundyはネットでは顔と髪型が「ポインティ」に似ていて可愛いと話題w

さてということで今回は、人気アーティストVaundyについて色々と紹介していきました!

歌はさることながら、人気を集める理由にはVaundyの外見も関係しているんですよね!

というのも、あんなかっこいい曲をつくっているのに、歌っているのがこんな小動物みたいな可愛い人物だったことにびっくりする人が結構いるんです!

可愛い、、だと!

Vaundyのかわいい画像

声のビジュアルのギャップにぬまる人もチラホラ。

YouTuberのポインティに似ているなんて声もありますw

Vaundyとポインティの画像

たしかに目と丸っぽさが似てますよねw

Vaundyとポインティが同一人物なんて情報もありますが、全然別人なんで間違わない様にww

2022年末には紅白歌合戦が、2023年にはライブツアーを控えているVaundy、これからの活動にも期待大ですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる