グレゴール・シュナイダー
《美術館の終焉 ― 12 の道行き》
第9留:神戸市営地下鉄海岸線・駒ヶ林駅コンコース
《白の拷問》

地下鉄海岸線・駒ヶ林駅の改札を出て左に進むと、ゆるやかにカーヴをしながら長い地下通路が続く。その先に第9留がある。扉を開けると、そこには真っ白な廊下が待ち受けている……。同作は、アメリカ軍がキューバに秘密裡に設けた、グアンタナモ湾収容キャンプ内の施設を再現したもの。秘匿されたこの収容所をシュナイダーがインターネットで調査し、収監者の証言を元に、2005年にスタジオ内に再構築した。悲惨な事件の気配を微塵も感じさせない白く清潔な空間では、人や物の不在が、誰もが持ちうる死や罪、不条理に対する恐怖の感情を喚起する。


Venue

第9留:神戸市営地下鉄海岸線・駒ヶ林駅コンコース 《白の拷問》

開館時間 (最終入場時間)
10:00 - 18:00(17:30)
休館日
火曜(10/8、22は開館)
個別作品鑑賞料金(大人)
¥500
会場住所
神戸市長田区庄田町4丁目
会場アクセス
神戸市営地下鉄海岸線「駒ヶ林」駅直結
設計ー設営協力
Tetto
施工
ワイズシステム
塗装施工
神戸プロコート

Map

神戸市長田区庄田町4丁目

Others