グレゴール・シュナイダー
《美術館の終焉 ― 12 の道行き》
第5留:神戸アートビレッジセンターKAVCホール(2F)
《自己消費される生産》

神戸アートビレッジセンター2Fのホールでは、2004年にアーティストが手がけた部屋で双子がパフォーマンスをした《シュナイダー家》の映像作品を紹介する。ロンドンのイーストエンドにある一軒のテラスハウスの中に入ったカメラは、キッチンと居間を通り抜け、階上の浴室や寝室をのぞき、地下へと降りてゆく。台所では女性が皿洗いをし、浴室では男性が自慰に耽る。他人の家に入り込んだ気まずさと、訪問者の存在を完全に無視し続ける二人の不自然な行為に戸惑いを覚える。だが、このやりきれなさは、いったん家の外に出て、隣の家に入ると次第に消え去り、代わりに全く別の奇妙な感覚に陥るだろう。他にもシュナイダーの代表作《家 u r》と《死の家 u r》もあわせて上映予定。

上映時間:13:30- 16:00 (45分ループ)

グレゴール・シュナイダー
《家 u r 》《死の家 u r 》31分41秒
《シュナイダー家》12分34秒


Venue

第5留:神戸アートビレッジセンターKAVCホール(2F) 《自己消費される生産》

開館時間 (最終入場時間)
13:30 – 16:00
開館日
9/14、15、16、22、23、27、28、
10/4、5、6、
11/1、2、3、4、8、9、10
個別作品鑑賞料金(大人)
¥500
会場住所
神戸市兵庫区新開地5丁目3-14
会場アクセス
神戸高速鉄道「新開地」駅8番出口から徒歩5分、
JR「神戸」駅ビエラ神戸口から徒歩10分、
神戸市営地下鉄西神・山手線「湊川公園」駅東5番出口から徒歩15分

Map

神戸市兵庫区新開地5丁目3-14

Others