アート・プロジェクト:TRANS-

  • JP
  •  
開催終了

アート・プロジェクトKOBE2019:TRANS- シンポジウム 「2019年-2020年、アートは異物を受け入れるのか」※開催中止※ 

TRANS-KOBE実行委員会/神戸市

アート・プロジェクトKOBE2019:TRANS- シンポジウム 「2019年-2020年、アートは異物を受け入れるのか」※開催中止※ の写真
開催日時 2019年8月18日(日)
14:00~16:00
カテゴリー シンポジウム
エリア その他
開催場所 兵庫県立美術館 ミュージアムホール
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
後援 ドイツ連邦共和国総領事館/神戸文化マザーポートクラブ
協力 あいちトリエンナーレ実行委員会
料金 無料
定員 先着200名(事前申し込み不要)
使用言語 日本語

------------
【シンポジウム「2019 年−2020 年、アートは異物を受け入れるのか」開催中止について】

本シンポジウムは、これからのアートと社会の関係、新しい美術館や芸術祭のあり方について、公平な場で広範な議論を交わすことを目的としておりました。
大変遺憾ながら、現状を鑑みるとその実現は難しいと判断し、シンポジウムは中止とさせていただきます。
開催を楽しみにしていただいた皆様に心よりお詫び申し上げます。
------------
2019年、日本の年号が変わった年に、愛知ではジャーナリスト/メディア・アクティビストである津田大介を芸術監督に迎えた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」が開催され、神戸では参加作家が2人のみという「アートプロジェクト:TRANS- KOBE」が林寿美のディレクションのもと開催されます。
そして2020年、東京オリンピックが開催され日本にとってひとつの節目とも言える年に、「京都市美術館」が、そのリニューアルデザインを担当した建築家の青木淳を館長に迎え、通称に「京都市京セラ美術館」を加え再生します。
アートシーンから見た「異端」ひいては「異物」とも言える立ち位置に直面した津田、青木、林の3人がいま思うことは何なのか、目の前にある壁はどんなものなのか。そして3人の眼差しは、どこへ向かっているのか。
今この場でしか生まれないであろう対話から紡がれるコンテクストは、私たちのこれからの在りようへの解、もしくは問いを浮かび上がらせるものとなるでしょう。

[登壇者]


津田大介(つだ・だいすけ)


「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ポリタス編集長。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学文学学術院教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。
メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門分野として執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。
主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)、『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。
http://tsuda.ru/



青木 淳(あおき・じゅん)


建築家。1991年、青木淳建築計画事務所を設立。東京藝術大学美術学部建築科教授。作品は、住宅のほか、一連のルイ・ヴィトン店舗、日本建築学会作品賞を受賞した《潟博物館》(1997年)、《青森県立美術館》(2006年)、《大宮前体育館》(2014年)など多岐にわたるが、ギャラリーの設計、作家との共働、展覧会の会場構成など、美術に関わる仕事が多い。2004年度芸術選奨文部科学大臣新人賞。2020年にリニューアルオープンする京都市京セラ美術館の基本設計を西澤徹夫設計共同体と手がけると同時に、同館新館長に就任。
主な著作に、『青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS』シリーズ(2004年 2006年 INAX出版、2016年 LIXIL出版)、『原っぱと遊園地』(2004年 王国社)、『フラジャイル・コンセプト』(2018年 NTT出版)などがある。http://www.aokijun.com/



林 寿美(はやし・すみ)


「アート・プロジェクトKOBE2019:TRANS- 」ディレクター。1967 年神戸生まれ。国際基督教大学教養学部卒業後、1989 年より川村記念美術館で勤務(現・DIC 川村記念美術館)。同館で企画した展覧会に「ゲ ルハルト・リヒター」、「マーク・ロスコ」など。2010 年「第 14 回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ」日本コミッショナー。
2012 年に同館を退職後、「ヨコハマトリエンナーレ 2014」のキュレーター、国立国際美術館の客員研究員を務めるほか、「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」(デザイン・クリエイティブセンター神戸)、「トラベラー まだ見ぬ地を踏むために」(国立国際美術館)の企画をはじめ、国内外のアート・プロジェクトに携わる。



[モデレーター]


芹沢高志(せりざわ・たかし)


1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environmentを開設。99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。著・訳書にバックミンスター・フラー『宇宙船地球号操縦マニュアル』(ちくま学芸文庫)などがある。帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(02年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(03~16年)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合ディレクター(09年、12年、15年)などを務める。2014年、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)センター長。「アート・プロジェクトKOBE2019:TRANS- 」総合アドバイザー。



アクセス